IPセントレックス

読み方 : あいぴーせんとりっくす

IPセントレックスとは

セントレックス(centrex)は、「Central(中央)」と「Exchange(交換機)」を組み合わせた造語。企業などが内線電話のVoIP(Voice over Internet Protocol)を用いたネットワークを利用し、IP電話の運用管理を通信事業者やISPにアウトソーシングする形態を指す。IPネットワーク経由でIP電話のPBX(構内交換機)機能の保守・運用を請け負ってもらうため、PBXの維持管理が不要になる。

従来の企業の電話システムは、内線電話網と外線がPBXに接続され、内線通話、代表電話、保留、転送などの機能はPBXが制御しているが、IPセントレックスは企業内の電話システムをIP電話に切り替え、通信事業者が提供するサーバ(IP-PBX)に接続し、サーバーが内線機能を提供する仕組みだ。サーバーは通信事業者の拠点に設置され、拠点までの通信はインターネットなどで利用する、一般的なデータ通信サービスを使う。

IPセントレックスでは、PBXやサーバーを社内に設置して保守・運用する必要がないので、コストや人員を節減できる。しかも、デジタル符号化した音声信号を一定の時間ごとにパケット化し、回線使用効率が高いIPネットワークを使って送信するため、通話料金も安くなる。また、LANなどのIPネットワークに相乗りできるため、離れた拠点同士も内線網に組み込めるというメリットもある。

制作協力:株式会社インプレス

[2018年 8月20日 公開]

ビジネスシーンのカタカナ用語を新しい解釈でご紹介

「エビデンス」「ステークホルダー」「ブルー・オーシャン」って何?ビジネスシーンでよく耳にするカタカナ語をイラスト付きで解説。正しい意味や使い方をはじめ、「こんな使い方もできるかも?」「こんな風に使ってみては?」という新解釈をご紹介しています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介