IP-VPN

読み方 : あいぴーぶいぴーえぬ

英語正式表記 : IP Virtual Private Network

IP-VPNとは

IP Virtual Private Networkの略。拠点間の接続に、プロバイダなどの通信事業者の閉域IP(Internet Protocol)ネットワーク網を使った通信技術のこと。通信業者と契約した人のみが利用できる閉ざされたネットワークを指す。ISO参照モデルのレイヤー3に対応した「L3サービス(レイヤー3サービス)」と呼ばれることもある。

VPNは「仮想プライベートネットワーク」と呼ばれ、拠点間の接続に専用線ではなく、インターネットや通信業者が持つ公衆回線を使う通信技術である。VPNには、IP-VPNのほかにインターネットを利用した「インターネットVPN」がある。IP-VPNは、インターネットVPNに比べるとコストは高くなるが、専用のIP通信回線を使用するため、不正アクセスの危険を減らせるため安全性が高い。また、通信速度も高速で安定している。

IP-VPNは、パケットを暗号化せず、「MPLS(Multi Protocol Label Switching)」でデータを送信する。MPLSとは、アドレスの代わりにラベルにヘッダ情報を付けてあて先を識別する転送技術のことだ。パケットのヘッダ情報によって最短経路を選択していくルーティングとは異なり、ラベルに転送経路を示して相手を判別する。ユーザーごとに論理的に分割されたネットワークを作るため、パケットを暗号化することなくセキュリティを確保できる。

制作協力:株式会社インプレス

[2018年 8月20日 公開]

ビジネスシーンのカタカナ用語を新しい解釈でご紹介

「エビデンス」「ステークホルダー」「ブルー・オーシャン」って何?ビジネスシーンでよく耳にするカタカナ語をイラスト付きで解説。正しい意味や使い方をはじめ、「こんな使い方もできるかも?」「こんな風に使ってみては?」という新解釈をご紹介しています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介