IrDA

読み方 : あいあーるでぃーえー

英語正式表記 : Infrared Data Association

IrDAとは

赤外線を利用した近距離データ通信の技術標準を策定する業界団体。1993年6月にアメリカで設立された。同団体が定めた赤外線通信の規格を指すこともある。

IrDAに対応した機器同士であれば、赤外線ポートを向かい合わせるだけで通信できるのが特長。最高4Mbpsの速度、最大1mの距離で通信を行える「IrDA DATA」と、最高75kbpsの速度、最大5mの距離で、8台までの端末と通信を行える「IrDA Control」がある。主にノートパソコンや携帯電話、デジタルカメラなどの外部通信機能として利用されている。具体的には、携帯電話の「赤外線メールアドレス交換」や、デジタルカメラの「赤外線プリント」などである。

赤外線を利用して近距離の無線データ通信を行うための規格で、IrDAを高度化したものを「IrSimple」という。NTTドコモ、シャープ、ITXイー・グローバレッジ(当時)、早稲田大学が共同開発したもので、2005年8月にIrDAによって標準化された。

制作協力:株式会社インプレス

[2019年 8月19日 公開]

ビジネスシーンのカタカナ用語を新しい解釈でご紹介

「エビデンス」「ステークホルダー」「ブルー・オーシャン」って何?ビジネスシーンでよく耳にするカタカナ語をイラスト付きで解説。正しい意味や使い方をはじめ、「こんな使い方もできるかも?」「こんな風に使ってみては?」という新解釈をご紹介しています。

ページID:00169116