ISMバンド

読み方 : あいえすえむばんど

英語正式表記 : Industrial Scientific and Medical Band

ISMバンドとは

Industrial Scientific and Medical Bandの略。「産業科学医療用バンド」の意味。医療用装置、アマチュア無線、電子レンジなどに割り当てられた周波数帯を指す。国際電気通信連合(ITU)が割り当てた無線通信以外の周波数帯で、国によって異なるが、日本国内では2.4GHz帯、5.7GHz帯、920MHz帯などがある。

無線の周波数は限られた資源であり、同じ周波数を複数の人が使えば世界中で混信が起こる。そのため、ITUが周波数の使用目的を取り決め、監督責任を各国の主管庁に委ねている。日本では電波法が定められており、総務省が管轄している。電波の利用には、無線取扱免許や届け出が必要であるが、ISMバンドは免許不要で利用可能だ。

2.4GHz帯は、無線LAN(Wi-Fi)の規格IEEE 802.11bやIEEE 802.11g、Bluetooth、電子レンジ、コードレス電話などさまざまな分野で利用されている。5.7GHz帯は電波の混線が少なく、屋内限定の無線LANの規格、IEEE 802.11acやIEEE 802.11n、アマチュア無線に利用され、920MHz帯はIoTシステムの通信手段として利用されている。なお、IEEE 802.11nは2.4GHz帯、5.7GHz帯の両方に対応している。

2.4GHz帯は、狭い帯域をさまざまな用途で利用するため、隣接チャネル同士の帯域が重なり、通信用の電波同士も頻繁に干渉する。そのため、家庭内でIEEE 802.11bやIEEE 802.11g規格の無線LANを使用する場合、電子レンジの影響で「通信しにくい」「切れやすい」など、伝送速度の低下や接続の中断などを起こすことがある。干渉の問題を防ぐために、周波数ホッピングやスペクトラム拡散などの技術が使用されている。

制作協力:株式会社インプレス

[2018年 8月20日 公開]

ビジネスシーンのカタカナ用語を新しい解釈でご紹介

「エビデンス」「ステークホルダー」「ブルー・オーシャン」って何?ビジネスシーンでよく耳にするカタカナ語をイラスト付きで解説。正しい意味や使い方をはじめ、「こんな使い方もできるかも?」「こんな風に使ってみては?」という新解釈をご紹介しています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介