IT資産管理

読み方 : あいてぃーしさんかんり

IT資産管理とは

企業・組織内にあるハードウエアやソフトウエアなどのIT資産の設置/利用状況を全社的に管理すること。資産配備の最適化や、ソフトの不正使用防止、セキュリティ向上などが主な目的である。

対象範囲は広く、ハードはパソコンから各種システム用のサーバーやネットワーク機器、プリンタなどが対象になる。ソフトもパソコン用のオフィスソフトから始まり、ERP(統合基幹業務システム)パッケージや自社開発した業務アプリケーション、ミドルウエア群などすべてが含まれる。

IT資産管理は棚卸しから始まる。具体的には各資産を洗い出し、管理している部門や、実際の利用者に関する情報を収集する。収集する情報は各資産の特性に合わせて変える。ソフトの場合は、ライセンス形態やバージョン情報を収集し、購入したライセンス数を超える人数が利用していないか確認する。ハードはリースなのか自社購入なのかを調べると、購入サイクルが適正かどうか確認できる。

最近は、セキュリティの観点から電子データをIT資産管理の対象とする企業が増えている。どのハードにどのようなデータが保存されているかを調べ、廃棄するハードに顧客情報などの重要データが残っていないかどうか確認する。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年 1月 1日 公開]

お役立ち情報満載!「資料ダウンロードまとめサイト」のご案内