ITスキル標準

読み方 : あいてぃーすきるひょうじゅん

英語正式表記 : Information Technology Skill Standard

ITスキル標準とは

英語ではInformation Technology Skill Standardと表記され、それを略して「ITSS」と呼ばれることが多い。また、「ITスキル・スタンダード」と呼ばれることもある。

ITSSは、11職種35分野ごとに最大7段階のスキルレベルが設定され、レベルごとに必要な業務経験(達成度指標)や実務能力、知識(スキル熟達度)をまとめたもの。2002年に登場し、IT技術者の能力を客観的に比較できるということで、IT企業が人事や育成制度のひな型として利用してきた。

2012年3月に公表された「ITスキル標準V3 2011」で更新が止まっていたが、2017年4月にセキュリティ領域とデータサイエンス領域のスキル標準が「ITSS+」として公開された。セキュリティ領域は国家資格(情報処理安全確保支援士)が想定する業務を含んでいる。

制作協力:株式会社インプレス

[2019年 7月 1日 公開]

ビジネスシーンのカタカナ用語を新しい解釈でご紹介

「エビデンス」「ステークホルダー」「ブルー・オーシャン」って何?ビジネスシーンでよく耳にするカタカナ語をイラスト付きで解説。正しい意味や使い方をはじめ、「こんな使い方もできるかも?」「こんな風に使ってみては?」という新解釈をご紹介しています。

ページID:00165065