Java

読み方 : じゃば

Javaとは

米サン・マイクロシステムズが1995年5月に発表したオブジェクト指向開発言語。現在ではオープン系システムで動くWebアプリケーションを中心に、最も多く利用される開発言語の一つとなっている。Javaの登場以前に最も一般的だったC言語やC++言語の構文を引き継ぎつつ、「構文が分かりにくい部分がある」「メモリー管理が面倒」といったCやC++の弱点の解消を目指した。今後、Javaの大規模基幹系での利用が活発化する可能性が高い。

Javaを使って開発したアプリケーションは、オブジェクト指向開発のメリットである高い保守性や再利用性が見込める。このほか、同じプログラムがUNIXやWindows、Linuxなど様々なOSで動作するという利点も大きい。Javaのソースコードはいったん「バイトコード」と呼ぶ中間コードになり、実行用ソフトである「Java VM(Java仮想マシン)」上で動く。このJava VMが動作するなら、どのOSでも同じバイトコードを利用できる。

Javaは単なる言語ではなく、アプリケーションの開発や実行に必要なプラットフォームの仕様も規定している。例えば、Javaでサーバーアプリケーションを実現する際に必要な各種仕様は「Java EE(Java Platform、Enterprise Edition)」として標準化されている。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年 1月 1日 公開]

お役立ち情報満載!「資料ダウンロードまとめサイト」のご案内