JCL

読み方 : じぇーしーえる

英語正式表記 : Job Control Language

JCLとは

Job Control Languageの略で、「ジョブコントロール言語」「ジョブ制御言語」とも呼ばれる。メインフレーム(汎用コンピューター)で使われるジョブ制御用のスクリプト言語の一種。メインフレームでプログラムを実行するために必ず必要なスクリプトで、OSに対する指示言語のこと。OSはJCLに記述されたジョブの名前や使用する装置の種類などを解読して処理を実行する。スクリプトは簡易的なプログラミング言語のことで、ジョブは一連のプログラムの流れのことを指す。

ジョブは、「ジョブ名」「プログラム名」「プログラムの格納場所」「プログラムを使用するためのメモリー容量」「使用するファイル名」「そのファイルの格納場所」「使用する出力装置」などの指示を、「ジョブステップ」と呼ばれる単位ごとに分けて作成する。こうしたJCLで記述された文を「ジョブ制御文」という。OSやバージョンによって機能や構文が異なる。

なお、WindowsのバッチファイルやUNIX系OSのシェルスクリプトにも自動的に処理する役割があるため比較されることが多いが、JCLはプログラム自体を使用するために必要不可欠であるという点で、似て非なるものである。

制作協力:株式会社インプレス

[2018年 8月20日 公開]

ビジネスシーンのカタカナ用語を新しい解釈でご紹介

「エビデンス」「ステークホルダー」「ブルー・オーシャン」って何?ビジネスシーンでよく耳にするカタカナ語をイラスト付きで解説。正しい意味や使い方をはじめ、「こんな使い方もできるかも?」「こんな風に使ってみては?」という新解釈をご紹介しています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介