ジョブ

読み方 : じょぶ

ジョブとは

コンピューターが処理する仕事の単位をいう。クライアントサーバーシステムでは、複数のクライアントがサーバーにジョブを依頼するため、ジョブの管理が重要になる。サーバーは、それぞれのジョブの処理に必要な資源や時間を計算し、スケジュールを調整しながら実行する。

端末ごとにジョブを管理するのがシェルであり、シェル上には「フォアグラウンドジョブ」と「バックグラウンドジョブ」がある。フォアグラウンドジョブは端末の前面で実行され、終了するまでシェルは待機状態になるため、ほかのコマンドは実行できない。バックグラウンドジョブは端末の裏側で実行され、シェルがすぐにプロンプトを表示するので、別のコマンドを実行できる。

一方、実行中の個々のプログラムの最小単位を「プロセス」と呼び、2つのプロセスを組み合わせて実行した場合、ジョブは1つだが、プロセスとしては2つのジョブの起動になる。

制作協力:株式会社インプレス

[2018年 8月20日 公開]

ビジネスシーンのカタカナ用語を新しい解釈でご紹介

「エビデンス」「ステークホルダー」「ブルー・オーシャン」って何?ビジネスシーンでよく耳にするカタカナ語をイラスト付きで解説。正しい意味や使い方をはじめ、「こんな使い方もできるかも?」「こんな風に使ってみては?」という新解釈をご紹介しています。

ページID:00152292