LGWAN-ASP

読み方 : えるじーわん・えーえすぴー

英語正式表記 : Local Government Wide Area Network-Application Service Provider

LGWAN-ASPとは

Local Government Wide Area NetworkとApplication Service Providerの略。地方公共団体が電子メールやWebページなどをセキュアなインターネットを通じて利用する仕組みのこと。地方自治体間のIT化格差やIT活用格差を解消させるとともに、行政事務の効率化、住民サービスの向上を目的としている。

LGWANは「総合行政ネットワーク」と呼ばれ、地方公共団体の組織内のネットワークを相互に接続する広域行政のネットワークを意味する。運営主体は地方公共団体情報システム機構(J-LIS)で、J-LISが認めた地方公共団体のみが接続できる。また、ASPはインターネットを通じてサービスを提供することを指す。

LGWAN-ASPサービスは、以下の5種類のサービスがある。
(1)アプリケーション及びコンテンツサービス
アプリケーションや情報コンテンツなどを提供する。電子申請・届出、行政情報共有、電子入札・調達などがある。
(2)ホスティングサービス
サーバー機器の提供、運用管理を行う。
(3)ネットワーク層及び基盤アプリケーションサービス
ホスティングサービスを構成する機器の設置スペース、設置スペースでの電源、空調などの設備を提供する。
(4)通信サービス
ホスティングサービスの構成機器をLGWANに接続する専用回線を提供する。
(5)ファシリティサービス
IPアドレス、ドメイン名管理、基本プロトコル群及び認証基盤、LGWAN電子文書交換システムなどアプリケーション基盤を提供する。

制作協力:株式会社インプレス

[2018年 8月20日 公開]

ビジネスシーンのカタカナ用語を新しい解釈でご紹介

「エビデンス」「ステークホルダー」「ブルー・オーシャン」って何?ビジネスシーンでよく耳にするカタカナ語をイラスト付きで解説。正しい意味や使い方をはじめ、「こんな使い方もできるかも?」「こんな風に使ってみては?」という新解釈をご紹介しています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介