地図情報システム

読み方 : ちずじょうほうしすてむ

英語正式表記 : Geographical Information System

地図情報システムとは

GIS(Geographical Information System)と略される。顧客情報などのデータと、地図データを同時に扱えるシステム。例えば、コンピュータで描いた地図上に、顧客情報や車両の現在位置といったデータを重ねて表示することによって、グラフや表では直接知ることができなかった位置関係の把握や地域的な分布などの状況を把握しやすくする。

以前は地図データの種類が少なく、しかも高価だったため、学術研究や施設管理といった特定の業務での利用が主だった。しかし近年、より多くの種類の地図データが比較的安価に手に入るようになってきたので、利用分野が広がってきている。特に利用が進んでいるのはマーケティング分野。出店計画や新規顧客開拓などに利用されている。GPS(全地球測位システム)や携帯電話と組み合わせて、輸送トラックや保守作業要員など移動体の位置をリアルタイムで捕捉し、地図上に表示するシステムも普及しつつある。いずれにしてもGISを利用する際は、最新の地図データを利用することが重要である。最新の地図データをインターネット経由で利用できるサービスも登場してきている。

以前のGISは専用のクライアントソフトを使う場合が多かったが、最近はWebブラウザから利用できる製品も増えてきている。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年 1月 1日 公開]