マスターデータマネジメント

読み方 : ますたーでーたまねじめんと

英語正式表記 : Master Data Management

マスターデータマネジメントとは

マスターデータ管理のことで、「MDM(Master Data Management)」と略されることもある。企業内のマスターデータ(顧客情報、商品情報、製品データ、勘定科目など)を一元管理する情報システムの手法やソフトウェア製品を指す。

マスターデータマネジメントによって各種情報を連携させることで、データの不整合を排除し、品質を維持しやすくなる。そのため、余分な作業コストの低減や顧客満足度の向上も図れる。

マスターデータマネジメントを行うためのソフトウェア製品も多数開発されている。なかでもETL(Extraction, Transformation and Load)ソフトは、業務システムからマスターデータを収集・抽出・加工し、データウェアハウス(DWH)や統合マスターサーバーなどに適確に配信できるため、マスターデータマネジメントの効率性を高める大切なツールとなっている。特にデータの加工では、統一ルールに基づいた修正や重複排除などの「データクレンジング」や「名寄せ(統一コードの生成)」により実行精度が向上する。

制作協力:株式会社インプレス

[2018年 8月20日 公開]

ビジネスシーンのカタカナ用語を新しい解釈でご紹介

「エビデンス」「ステークホルダー」「ブルー・オーシャン」って何?ビジネスシーンでよく耳にするカタカナ語をイラスト付きで解説。正しい意味や使い方をはじめ、「こんな使い方もできるかも?」「こんな風に使ってみては?」という新解釈をご紹介しています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介