MDA

読み方 : えむでぃーえー

英語正式表記 : Model Driven Architecture

MDAとは

Model Driven Architectureの略。「モデル駆動型アーキテクチャー」とも呼ばれる。オブジェクト指向の標準化団体であるアメリカの「OMG(オブジェクト・マネジメント・グループ)」が提唱するシステムの構築方法で、いくつもの標準技術を体系化したもの。

MDAでは、OSや言語に依存せずに作成する「PIM(プラットフォーム独立モデル)」と、特定のOSや言語向けのモデル設計で作る「PSM(プラットフォーム特化モデル)」に依存したモデルを想定する。PIMからPSMへのマッピングルールは定義されており、MDAツールによりPIMからPSMへのソースコードの生成を自動、半自動で行うことができる。MDAツールは、ウォーターフォール型システム開発工程の「システム設計」と「製造」部分をサポートする。これにより、MDAはシステム開発にかかわる分析者、設計者、プログラマーに対して開発効率を向上させている。

現在、MDAに関連する技術仕様の標準化は、「OMG」を中心に策定されている。

制作協力:株式会社インプレス

[2018年 8月20日 公開]

ビジネスシーンのカタカナ用語を新しい解釈でご紹介

「エビデンス」「ステークホルダー」「ブルー・オーシャン」って何?ビジネスシーンでよく耳にするカタカナ語をイラスト付きで解説。正しい意味や使い方をはじめ、「こんな使い方もできるかも?」「こんな風に使ってみては?」という新解釈をご紹介しています。

ページID:00152272