Microsoft .NET

読み方 : まいくろそふとどっとねっと

Microsoft .NETとは

米マイクロソフトが2000年6月に正式発表した次世代システムアーキテクチャ。マイクロソフトやパートナー企業が、ソフトやサービスをASP(アプリケーション・サービス・プロバイダ)形式で提供するための、製品の機能や販売・提供のしかた、アプリケーション開発手法や連携仕様などを包含する。

Microsoft .NETでは従来のASPと異なり、ネットワーク上に分散するアプリケーションやサービスを、利用者の必要に応じてダイナミックに組み合わせてWebサービスとして利用できる。マイクロソフトやベンダーは、ユーザーのサービス利用時間に応じて料金を徴収する。携帯情報端末、携帯電話、テレビ、ペン入力式のタブレット型パソコンなど、あらゆる機器同士の連携を目指す。アプリケーション連携にはXMLや、米マイクロソフトと米IBMが中心になって策定した「SOAP(Simple Object Access Protocol)」と呼ぶプロトコルを使用する。同社はSOAPをインターネット関連の標準化団体「W3C」に提出している。

マイクロソフトはユーザー認証や個人のスケジュール管理、電子メール管理といった基本機能を「.NET My Services」(開発コード名はHailStorm)として提供する予定だったが、結局、開発を中止した。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年 1月 1日 公開]

お役立ち情報満載!「資料ダウンロードまとめサイト」のご案内