マイクロソフトエッジ

読み方 : まいくろそふとえっじ

英語正式表記 : Microsoft Edge

マイクロソフトエッジとは

WebサイトやWebページを閲覧するためのブラウザー。Internet Explorer(IE)に代わり、Windows 10から標準搭載された。IEとの互換性はないが、HTML5など最新の標準的なWeb技術に対応し、IEよりもはるかに動作が高速で、軽快なブラウザーである。

マイクロソフトエッジには新機能として、Windows 10の音声アシスタント「Cortana」との連携をはじめ、Webページ上に手書きでメモを書き込んで保存したり共有したりできる新機能「Webノート」などが搭載された。IEの「お気に入りセンター」を強化したような「ハブ」が用意され、「お気に入り」や「履歴」「リーディングリスト」「ダウンロード」を一元管理できるのも特長である。また、マイクロソフトは2018年12月にオープンソースのChromiumベースに移行することを発表した。これにより、Google Chromeの拡張機能が利用できるようになると見られている。

なお、マイクロソフトエッジはパソコンだけでなく、スマートフォンやタブレット端末などでも同じように利用できる。

制作協力:株式会社インプレス

[2019年 6月 3日 公開]

ビジネスシーンのカタカナ用語を新しい解釈でご紹介

「エビデンス」「ステークホルダー」「ブルー・オーシャン」って何?ビジネスシーンでよく耳にするカタカナ語をイラスト付きで解説。正しい意味や使い方をはじめ、「こんな使い方もできるかも?」「こんな風に使ってみては?」という新解釈をご紹介しています。

ページID:00165057