ミドルウェア

読み方 : みどるうぇあ

ミドルウェアとは

コンピューターの基本的な制御を行うOSと、業務に応じた処理を行うアプリケーションの中間に位置するソフトウェアのこと。高度で専門性が高い機能やサービスを仲介し、OSとアプリケーションの機能を補佐する。

ミドルウェアには、データベース管理システム(DBMS)、トランザクションモニター(TPモニター)、アプリケーション間連携ソフト、Webサーバー(HTTPサーバー)ソフト、Webアプリケーションサーバーなどがある。

ミドルウェアが提供するAPI(Application Programming Interface)を使ってプログラムを開発すると、OSやハードウェアとアプリケーションの違いをミドルウェアが吸収するので、アプリケーションの互換性が高まる。OSやハードウェアを変更するときも、アプリケーションのソースコードの変更が少なくなる。

ソースコードを非公開とするプロプライエタリシステムでは、ハードウェアからソフトウェアまでを一括で開発して提供し、OSとアプリケーションのように機能やサービス別に分けないため、ミドルウェアは不要となるが、パソコンの表計算ソフトからデータベースを検索する連携ソフトをミドルウェアと呼んでいる。
一方、ハードウェアの仕様やソフトウェアのソースコードを公開するオープンシステムでは、アプリケーションの開発環境がより上位レベルに移行したため、DBMSなどの汎用的な機能を提供するミドルウェアが必要になる。

制作協力:株式会社インプレス

[2018年 8月20日 公開]

ビジネスシーンのカタカナ用語を新しい解釈でご紹介

「エビデンス」「ステークホルダー」「ブルー・オーシャン」って何?ビジネスシーンでよく耳にするカタカナ語をイラスト付きで解説。正しい意味や使い方をはじめ、「こんな使い方もできるかも?」「こんな風に使ってみては?」という新解釈をご紹介しています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介