MIPS

読み方 : みっぷす

英語正式表記 : Million Instructions Per Second

MIPSとは

Million Instructions Per Second(100万命令/秒)の略。コンピューターの処理速度を表す単位で、1秒間に何百万個の命令が実行できるかを表す。1秒間に10億回の命令を処理できる単位は「GIPS(Giga-IPS/billion Instructions Per Second)」と呼ばれ、これは「MIPS」の1000倍に相当する。

命令セット(命令セットアーキテクチャー)の異なるCPU間では、1つの命令で実行できる内容に違いがあり、同じ内容の処理を行うのに必要な命令数が異なる。そのため、MIPSは同じ命令セットを持つCPU同士でなければ比較できない。異なる命令セットを持つCPUの性能を比較するには「ベンチマーク」を使用する。

コンピューターの性能を測定するということでは、「SPEC(Standard Performance Evaluation Corporation)」という数値もある。SPECは単純なCPUの性能だけでなく、複雑なデータ圧縮、物理シミュレーション、データーベース、画像処理など、頻繁にコンピューターで使われる処理を模してベンチマークを行う「SPEC CPU2000」、Java仮想計算機の性能を測定する「SPECjbb2000」などの応用ベンチマークを提供している。

制作協力:株式会社インプレス

[2018年 8月20日 公開]

ビジネスシーンのカタカナ用語を新しい解釈でご紹介

「エビデンス」「ステークホルダー」「ブルー・オーシャン」って何?ビジネスシーンでよく耳にするカタカナ語をイラスト付きで解説。正しい意味や使い方をはじめ、「こんな使い方もできるかも?」「こんな風に使ってみては?」という新解釈をご紹介しています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介