モバイルADSL

読み方 : もばいるえーでぃーえすえる

モバイルADSLとは

Mビット/秒クラスのモバイル通信を実現する技術。「TD-CDMA」や「TD-SCDMA」方式を総称してこう呼ぶ。ADSLと同様に、上りよりも下りのデータ通信が速い。定額制の次世代無線通信インフラとして期待されている。国内では、ADSL事業者のイー・アクセスやソフトバンクBBがそれぞれ2006年頃の商用化に向けて実験に取り組んでいる。

これまでの携帯電話では、上り用と下り用に別々の周波数を確保するFDD(Frequency Division Duplex)が主流だった。これに対して、モバイルADSLの基本技術であるTDD(Time Division Duplex)では、ある時は上り、またある時は下りと、同じ周波数を使い分ける。FDDでは上下の通信の干渉を防ぐための「ガードバンド」と呼ぶ周波数帯が必要になるが、TDDでは必要ない。またTDDでは、下り方向のデータ通信に割り当てる時間を増やすと、それだけダウンロード速度が向上する。

TD-CDMA方式は、このTDDに従来の携帯電話が使うCDMA(Code Division Multiple Access)を組み合わせたもの。慶応義塾大学の中川正雄教授が1991年に開発した。下り通信速度は最大約2.8Mビット/秒。2.01G~2.025GHzが使える。そのほか「TD-SCDMA」、「TD-SCDMA(MC)」、「iBurst」と呼ぶ方式もある。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年 1月 1日 公開]