MDM

読み方 : えむでぃーえむ

英語正式表記 : Mobile Device Management

MDM とは

スマートフォンの業務利用は拡大の一途をたどっているが、それに伴って企業はセキュリティーの確保という新たな課題に直面した。ひとたび端末を紛失すれば、情報漏えいのリスクにさらされるからである。

ノートパソコンに比べて小型で持ち運びやすいスマートフォンは便利な半面、紛失や盗難などのリスクも高いといえるだろう。私物の端末を業務でも使う「BYOD(Bring Your Own Device)」を“解禁”する企業まで出始めているが、どこまで認めるかも悩みの種である。

これらの課題を解決するのに一役買いそうなのが、端末を遠隔操作したり、一元管理したりできるMDM(モバイルデバイス管理)である。情報漏えい対策は起きてからでは遅いため、MDMの導入はスマートフォンやタブレット端末の業務利用には欠かせない仕組みといえるだろう。

効果:アプリの利用状況を把握

MDMを整備すれば、アプリケーションの利用状況を把握したり、音楽再生やインターネット接続といった特定機能の利用を制限したりもできる。紛失や盗難時には端末にロックをかけて操作できなくしたり、保存していたデータを遠隔からでも消去して初期状態に戻したりすることも可能だ。こうしたMDMの機能は端末の導入台数が多い企業では特に有効で、セキュリティーを確保しながら、システム管理者の運用・保守作業にかかる手間を大幅に軽減できる。

最近は端末の爆発的な普及に対応する形で、IT(情報技術)企業が提供するMDMソフトや同種の管理サービスも充実してきている。例えば、端末のOS(基本ソフト)が標準で備えるMDM機能を利用しようとすれば、こうしたソフトやサービスを管理者用のサーバーにあらかじめ導入しておく必要がある。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2013年 8月22日 公開]

課題解決に役立つ資料集「ITライブラリー」

じっくり検討いただけるよう、多種多様なおすすめ資料を取りそろえています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介