MPS

読み方 : えむぴーえす

英語正式表記 : Managed Print Service

MPSとは

Managed Print Serviceの略。オフィスにおける印刷関連のコスト削減を狙いとした、印刷機器メーカーの運用アウトソーシング戦略。オフィスや店舗内に分散するプリンターや複合機などの出力状況を分析し、単純に機器の最適化だけでなく、運用管理や資産管理、最適化支援などさまざまなサービスで永続的に運用管理をすることによってコスト削減を実現する。

現在、キヤノン、富士ゼロックス、リコーなど、印刷機器メーカーの大手はこの新しいサービスに力を入れている。MPSでは、プリンターや複合機など機器そのものの購入費や、トナー・用紙などの消耗品費、保守費用など「目に見えるコスト」以外に、機器の調達計画の立案から、導入あるいは破棄の手配、保守契約の管理、さらには消耗品の発注と管理、故障発生時の対応業務などに関わる人件費、設置スペースなどの「目に見えないコスト」を洗い出して改善・支援する。
これにより、目に見えなかった間接的なコストを大幅に減らすことができるのである。また、最適化された印刷環境よって紙や電気代を減らすことで、環境負荷を低減することも可能となる。メーカーによっては、効率的なコピーの取り方や操作方法の社員教育も実施している。

今後は遠隔監視による稼働率や故障の事前診断のほか、消費電力の見える化による省エネ対策が課題となる。

制作協力:株式会社インプレス

[2018年 8月20日 公開]

ビジネスシーンのカタカナ用語を新しい解釈でご紹介

「エビデンス」「ステークホルダー」「ブルー・オーシャン」って何?ビジネスシーンでよく耳にするカタカナ語をイラスト付きで解説。正しい意味や使い方をはじめ、「こんな使い方もできるかも?」「こんな風に使ってみては?」という新解釈をご紹介しています。

ページID:00152314