マルチプロセサ

読み方 : まるちぷろせさ

マルチプロセサとは

複数のプロセサを使ってOSやアプリケーションを動かすコンピュータ、およびその仕組み。単一プロセサのコンピュータよりも処理速度や拡張性、信頼性を高められる。

マルチプロセサには密結合と疎結合の二つのタイプがある。密結合マルチプロセサは、複数のプロセサが主記憶とOSを共有するもの。疎結合マルチプロセサは、個々のプロセサがそれぞれ専用の主記憶とOSを持つものである。

密結合構成をとる製品のほとんどは、すべてのプロセサが同じ役割を果たす対称型マルチプロセサ(SMP)機である。メインフレームやUNIXサーバーだけでなく、パソコンサーバーでもSMP機が一般的になった。

一方、疎結合構成にはクラスタ機と超並列(MPP)機がある。クラスタ機はプロセサと主記憶などで構成する「ノード」を複数個接続し、ディスクを共有するもの。

密結合と疎結合の特徴を合わせ持つNUMA(Non Uniform Memory Architecture、「ヌマ」と呼ぶ)構成の製品もある。特にUNIXサーバーのハイエンド機で多い。NUMAは、物理的には各ノードがそれぞれプロセサと主記憶を備える疎結合構成をとるものの、アプリケーションソフトのレベルからは密結合の構成のようにみえる。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年 1月 1日 公開]

課題解決に役立つ資料集「ITライブラリー」

じっくり検討いただけるよう、多種多様なおすすめ資料を取りそろえています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介