NAT

読み方 : なっと

英語正式表記 : Network Address Translation

NATとは

Network Address Translationの略。「ネットワークアドレス変換」ともいう。LANに接続された端末からインターネットに接続する際に、「プライベートIPアドレス」を自動的に外部ネットワークで使用できる「グローバルIPアドレス」に変換する機能。

もともとは、枯渇し始めたIPアドレスを節約するために、企業内などのネットワークでは独自のIPアドレスである「プライベートIPアドレス」を割り当ててパソコンを識別し、外部と接続する際にはインターネットに接続することができる「グローバルIPアドレス」を割り当てる形となっていた。その際に、プライベートIPアドレスとグローバルIPアドレスを双方向に変換する技術が「NAT」である。会社や自宅のネットワークとインターネットの境界にあるブロードバンドルーターやWANルーターがNATの機能を備えており、NATはグローバルIPアドレスを隠す、という意味ではセキュリティの向上にもつながっている。

IPアドレスだけでなくポート番号も変換する処理を「NAPT(Network Address Port Translation)」という。現在ではNAPTを指してNATと呼ぶのが一般的だ。

制作協力:株式会社インプレス

[2018年 8月20日 公開]

ビジネスシーンのカタカナ用語を新しい解釈でご紹介

「エビデンス」「ステークホルダー」「ブルー・オーシャン」って何?ビジネスシーンでよく耳にするカタカナ語をイラスト付きで解説。正しい意味や使い方をはじめ、「こんな使い方もできるかも?」「こんな風に使ってみては?」という新解釈をご紹介しています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介