netstat

読み方 : ねっとすたっと

英語正式表記 : Network statistics

netstatとは

Network statisticsの略。TCP/IPネットワークの通信状況を調べるコマンド。netstatコマンドは、ネットワーク接続、ルーティングテーブル、各種ネットワークインタフェースなどの問題点を把握し、トラフィック量を調べ、ネットワークの性能を測定する仕組みで、UNIX、Unix系、Windows NT系オペレーティングシステムで利用することができる。

netstatコマンドをオプションなしで実行すると、何らかの通信が始まったTCPのポートを一覧表示し、現在使われている通信セッションの状態を知ることができる。TCPのポートの状態は「ESTABLISHED(通信中)」「LISTENING(待ち受け中)」「TIME_WAIT(終了待ち)」「CLOSE_WAIT(通信終了)」などで表示される。

netstatコマンドの代表的なオプション(パラメーター)としては、使っているポートを待機中のものも含めてすべて表示する「-a」、各コネクションやlistenポートに対応したプログラム名を表示する「-b」、Ethernetでやりとりしたデータ量を表示する「-e」、TCP/IPのルーティング情報を表示する「-r」、TCP、UDP、IPの各プロトコルでやりとりしたデータ量を表示する「-s」などがある。

制作協力:株式会社インプレス

[2018年 8月20日 公開]

ビジネスシーンのカタカナ用語を新しい解釈でご紹介

「エビデンス」「ステークホルダー」「ブルー・オーシャン」って何?ビジネスシーンでよく耳にするカタカナ語をイラスト付きで解説。正しい意味や使い方をはじめ、「こんな使い方もできるかも?」「こんな風に使ってみては?」という新解釈をご紹介しています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介