ネットワークOS

読み方 : ねっとわーくおーえす

ネットワークOSとは

複数のコンピュータが、ネットワークを介してファイルやプリンタを共有できるようにする基本ソフト。通常のOSが1台のコンピュータにつながる周辺機器を管理するのに対し、ネットワークOSはネットワークに接続されるコンピュータ全体で共有するディスクやプリンタなどを管理する。

ネットワーク上では、共有されるファイルやプリンタを管理するプログラムをサーバー機上で動作させ、クライアント機上ではサーバー機が管理するファイルやプリンタを利用するためのプログラムを動作させる必要がある。UNIXやWindows系サーバーは、このプログラムを通常のOSの上で動かす形を採っている。このため、一般のアプリケーションと同時にサーバー機で実行することができる。

クライアント用プログラムは、ネットワーク上の共有ファイルや共有プリンタを、クライアント機に直結されているファイルやプリンタと同じインタフェースで使えるようにする。Windows Vista/XP/2000をはじめとして最近のクライアント用OSは、このプログラムを標準で含むものが一般的だ。

ネットワークOSはこのほかに、利用者ごとのアクセス権を制御するセキュリティ機能なども提供する。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年 1月 1日 公開]

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介