NGN

読み方 : えぬじーえぬ

英語正式表記 : Next Generation Network

NGNとは

Next Generation Network(次世代ネットワーク)の略。回線交換式の電話網を捨て、IPネットワークをベースに構築する次世代基幹ネットワークを指す。NGNは通信事業者だけでなく、NGNを利用するユーザー企業のシステムやITベンダーのサービスにも影響を与える。

NGNは次のような技術的特徴を持つ。一つは、SIP(セッション開始プロトコル)を使い、IPネットワーク上で音声やデータ、映像などのマルチメディアサービスを提供すること。二つめは、固定通信網と移動通信網を統合したシームレスなサービス、いわゆるFMC(固定電話と携帯電話の融合)を実現することだ。三つめとして、ネットワークの品質や端末の能力に応じて、エンド・ツー・エンドでQoS(サービス品質)制御を実現する。セキュリティ面でも、ID、パスワード、接続端末情報の三つで認証できるようになる。

インターネットと比べて通信の品質やセキュリティが高くなることから、ユーザー企業にとっては、SaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)など外部にあるアプリケーションを自社の業務で使いやすくなる。通信事業者やサービス事業者がNGNで提供する機能モジュールを連携させれば、SOA(サービス指向アーキテクチャ)手法で情報システムを構築できる。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年 1月 1日 公開]

課題解決に役立つ資料集「ITライブラリー」

じっくり検討いただけるよう、多種多様なおすすめ資料を取りそろえています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介