OLAP

読み方 : おーらっぷ

英語正式表記 : Online Analytical Processing

OLAPとは

Online Analytical Processing(オンライン分析処理)の略。エンドユーザーが基幹システムのデータに直接アクセスして加工・分析する処理方式。DSS(意思決定支援システム)やEIS(役員情報システム)などがOLAPのアプリケーションとして挙げられる。

RDB(リレーショナルデータベース)の基礎理論の提唱者であるコッド博士が1993年にOLAPシステムの満たすべき条件を提唱した。多次元コンセプトを持つ、エンドユーザーがアクセスできる、データベース(DB)の物理的構造を知る必要がない、クライアント/サーバー型である、などがその条件。

OLAPを実現する際に中核になる技術は多次元DBである。多次元DBではデータが持つ複数の属性から、任意の二つを選んで2次元の表形式でデータを表示できる。分析の視点を次々と変えながらデータを見ることが可能になる。基本的に正規化したデータしか対象にできないRDBに比べて、自由な視点で高速にデータを分析できるとされている。

RDBの機能を拡張して、OLAPに利用できるようにした製品も増えている。データベースベンダー各社は最新のRDB製品に、多次元分析を可能にする機能をオプションとして提供している。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年 1月 1日 公開]

お役立ち情報満載!「資料ダウンロードまとめサイト」のご案内