オープンクラウド エコシステム

読み方 : おーぷんくらうどえこしすてむ

英語正式表記 : Open Cloud Ecosystem

オープンクラウド エコシステムとは

オープンソースの基盤ソフトを活用して、クラウドサービスを提供・利用する形態。現在クラウドサービスは、米グーグルや米アマゾン・ドット・コム、米セールスフォース・ドットコムといった大手クラウド事業者がけん引している。各社はクラウドサービスを提供するのに不可欠な分散処理技術などを独自で開発したり、最新鋭のデータセンターを整備したりすることで、自社のクラウドサービス利用者を増やしている。

ここにきて、このほかのクラウド事業者やソフトウエア開発会社など様々なIT企業が中心となって、グーグルやアマゾンの独走を防ぐための動きが出てきた。複数のIT企業が手を組み、独自性を排除するためにオープンソースで、クラウド基盤ソフトを開発している。

オープンな技術を活用することで、多くのIT企業やユーザー企業にとって有益なクラウドサービスを提供・活用できる形態であることから、オープンクラウドエコシステムと呼ばれている。

利点:低料金化や移行が容易に

オープンクラウドの流れは、どのようなメリットがあるのか。ユーザー企業は、最適なクラウドサービスを機動的に利用できるようになる。技術が共通化されていない現状では、別のクラウドサービスに移行しようとする際、システム修整作業が必要になることが多いものだ。このため、ほかのクラウドサービスに移行しようにもそこから離れられない「ベンダーロックイン(囲い込み)」という課題に直面していたが、オープンクラウドによりこれが解消される。

低価格化のメリットもありそうだ。IT企業が共同開発しているのは、仮想化や分散化などクラウドサービスの中核機能を備えるクラウド基盤ソフトである。複数のIT企業が共同開発することで、開発費を抑制できる。「多くのIT企業が参入しやすくなり、オープンクラウド化が進めば、低料金のクラウドサービスが増える可能性が高い」。クラウドサービスの動向に詳しいNTTコミュニケーションズ(NTTコム)の林雅之主査はこう指摘する。

IT企業にとってのメリットは、自社以外のクラウドサービスとのデータのやり取りが容易になり、協業しやすくなることだ。先に述べたように、クラウド事業者は、サービス基盤の開発コストを抑えられるので、自社独自のサービスの開発に専念できる。「共通の基盤ソフトが普及すれば、クラウドサービスに最適なサーバーやストレージが増える。そうなれば、クラウド事業者は、高品質なハードウエアを安価に調達しやすくなる」と日本IBMの紫関昭光 理事は言う。

動向:基盤ソフトで勢力が二分

オープンクラウドエコシステムの発端は2009年、米IBMや独SAP、米ヒューレット・パッカードなどの支持を受けて公表された「オープンクラウドマニフェスト」という宣言だった。ベンダーロックインの排除、利用者利益の尊重などがうたわれた。

それに沿ってオープンな標準技術の策定やオープンソースのクラウド基盤ソフトの開発が進められた。その過程で主要な基盤ソフトとして、米IBMやNTTデータなどが採用する「OpenStack」と、KDDIやNTTコムなどが支持する「CloudStack」の2つが登場。2大勢力のどちらが主導権を握るか、この競争を通じても技術進化が起きそうである。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2014年 4月15日 公開]

課題解決に役立つ資料集「ITライブラリー」

じっくり検討いただけるよう、多種多様なおすすめ資料を取り揃えています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介