オープンイノベーション

読み方 : おーぷんいのべーしょん

英語正式表記 : Open Innovation

オープンイノベーションとは

自社技術だけでなく他社が持つ技術やアイデアを組み合わせて、革新的な商品やビジネスモデルを生み出すこと。自社の研究開発力だけに頼るやり方と対比される。

外部の開発力を活用したり、知的財産権を他社に使用させたりすることで革新的なビジネスモデルなどを生み出し利益を得る考え方をオープンイノベーションという。ハーバード・ビジネス・スクールのヘンリー・チェスブロウ助教授が提唱した。社内だけで研究開発を完結するクローズドEイノベーションの対義語としている。

従来、優秀な研究者を多数抱えて自社で自前主義で商品を開発することが大きな利益を得られると考えられてきた。

しかしソフトウエアや通信機器など技術や市場の変化が激しい業界では、こうした自前主義の考えが必ずしも利益の最大化につながらない。他社と協業して儲かるためのビジネスモデルをいち早く構築して先行者利益の確保を図ったほうが競争優位を築ける場合が多いのである。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年 2月28日 公開]

お役立ち情報満載!「資料ダウンロードまとめサイト」のご案内