ORB

読み方 : おーぶ

英語正式表記 : Object Request Broker

ORBとは

Object Request Brokerの略。分散オブジェクト環境で、オブジェクト間の通信をつかさどる機能。米オブジェクト指向技術標準化団体のOMG(Object Management Group)が分散オブジェクト環境に関する仕様「CORBA(Common Object Request Broker Architecture)」の一環として、仕様をまとめた。専用ソフト以外に、アプリケーションサーバーがORBを備える。ORBは、IIOP(Internet Inter Object Request Broker Protocol)に従って実装する。

分散オブジェクト環境ではサービスを要求するクライアントと、サービスを提供するオブジェクトインプリメンテーション(Object Implementation)が、ORBを介してリクエストやサービス結果の返り値をやり取りして処理を進める。具体的には、(1)クライアントがサービスを受けたいオブジェクトインプリメンテーションの名前と要求内容をORBに渡す。(2)ORBはこの名前を基にオブジェクトインプリメンテーションを探し出し、要求内容を伝える。(3)オブジェクトインプリメンテーションはサービスを実行し、返り値をORBに戻す。(4)ORBはそれをクライアントに伝える、といった具合だ。クライアントはORBのインタフェースを知れば任意のオブジェクトインプリメンテーションのサービスを利用できる。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年 1月 1日 公開]

お役立ち情報満載!「資料ダウンロードまとめサイト」のご案内