ピア・ツー・ピア

読み方 : ぴあつーぴあ

英語正式表記 : Peer to Peer

ピア・ツー・ピアとは

コンピューター同士が対等の立場でデータを交信するシステムのこと。Peer to Peer(「P2P」「PtoP」と略されることもある)。ピア(Peer)は「同等」の意味である。

ネットワークに接続されたコンピューターがクライアントとサーバーに役割を分担している「クライアント-サーバー」システムと異なり、「P2P」システムでは1台のコンピューターがクライアントとサーバーの役割を兼ねている。P2Pシステムではコンピューター同士が直接通信するため、設定や管理が簡単である。

一方、2000年ごろから「Winny(ウィニー)」など、MP3形式の音楽データや動画データなどをインターネット上で交換するP2P型のファイル交換ソフトが注目を集め、個人のパソコン同士で直接データを交換することにより、著作権問題や個人情報の漏えい、コンピューターウイルスの蔓延など、社会的な問題を起こしている。

制作協力:株式会社インプレス

[2018年 8月20日 公開]

ビジネスシーンのカタカナ用語を新しい解釈でご紹介

「エビデンス」「ステークホルダー」「ブルー・オーシャン」って何?ビジネスシーンでよく耳にするカタカナ語をイラスト付きで解説。正しい意味や使い方をはじめ、「こんな使い方もできるかも?」「こんな風に使ってみては?」という新解釈をご紹介しています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介