パケット

読み方 : ぱけっと

パケットとは

データ通信において、ネットワーク経由でやりとりされる情報の伝送単位。パケット(packet)は英語で「小包」を意味することから、1つのデータを、より小さなブロックに分割した細切れのデータのかたまりのことをいう。1パケットは128バイトで全角文字64字に相当する。主としてISOのネットワーク層(Layer 3)で使われ、インターネット通信のほかにCDやDVDへのデータの書き込みなどにも利用されている。

ネットワーク層のプロトコルであるIPは、1つのデータを複数のパケットに分割して送信する。パケットは、「ヘッダー」と「データ」に分かれる。ヘッダーには、送信元・あて先IPアドレス、データの内容を表すフラグやTTL(Time to live)、上位層のプロトコルの種類などの情報が保存される。IPは、この情報に基づいてパケットをあて先に送信する仕組みだ。

データを複数のパケットに分割して転送すれば、エラー発生時の再送信や再書き込みを最小限に抑えて通信回線の占有率を低下させ、複数の通信を効率的に行うことができるというメリットがある。

制作協力:株式会社インプレス

[2018年 8月20日 公開]

ビジネスシーンのカタカナ用語を新しい解釈でご紹介

「エビデンス」「ステークホルダー」「ブルー・オーシャン」って何?ビジネスシーンでよく耳にするカタカナ語をイラスト付きで解説。正しい意味や使い方をはじめ、「こんな使い方もできるかも?」「こんな風に使ってみては?」という新解釈をご紹介しています。

ページID:00152428