PCリサイクル法

読み方 : ぴーしーりさいくるほう

PCリサイクル法とは

不要になったパソコンやモニターの回収と再資源化をメーカーに義務づける法律。正式には「資源の有効な利用の促進に関する法律」と呼ぶ。「再生資源の利用の促進に関する法律」が改正されて2001年4月1日に施行されたもので、当初は企業や個人事業者で不要になったパソコンが対象だった。2003年10月1日の省令改正により、家庭用パソコンも対象に含まれた。メーカーに自社製品を回収させることで、部品や材料の再資源化を加速することを狙う。これまで家庭用パソコンは、自治体が粗大ゴミとして処分していた。

不要な家庭用パソコンを処分する場合、利用者は処分する機器に応じて「回収再資源料金」をメーカーに支払う必要がある。回収再資源料金は、デスクトップパソコン本体とノートパソコン本体、液晶モニター一体型パソコン、液晶モニターが各3000円。CRTモニター一体型パソコンとCRTモニターが各4000円。プリンタやルーター、ワープロなどは対象外となる。2003年10月1日以降に販売された機器には「PCリサイクルマーク」が付いている。このマークが付いた機器は回収再資源料金は不要。

企業や個人事業者で不要になったパソコンは、回収再資源料金が一律でなく、処分する機器の内容や台数に応じた個別見積もりとなる。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年 1月 1日 公開]