写真共有サービス

読み方 : しゃしんきょうゆうさーびす

写真共有サービスとは

写真や画像といったビッグデータの保存・加工に特化したクラウドサービスが注目を集めている。スマートフォン向けに最適化されたサービスが登場するなど、種類も充実してきた。

米フェイスブックは2012年9月、スマホ向け写真共有サービスを手掛ける米インスタグラムを買収した。買収額は7億ドル(約600億円)を超えるとみられている。楽天も米ピンタレストに出資し、グローバル展開を強めるなどネット業界の動きが活発である。

写真共有サービスは投稿された写真にコメントを書き込んだり賛同したりする機能を備えており、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の一種といえる。ただ特徴的なのは手軽に写真を加工できたり、利用者独自のデジタルアルバムを作ったりといった、写真に特化した機能を備えていることだ。フェイスブックやツイッターといった既存のSNSに飽き足りない人の人気を集めている。

なかでも代表格はインスタグラムのスマホ向けアプリだろう。「Instagram(インスタグラム)」の特徴は何と言っても、加工機能の豊富さ。取り込んだ写真を古めかしいイメージにするといった操作をワンタッチで実行できる。フェイスブックやツイッターなどとの連携もボタン1つでできる。

ピンタレストの「Pinterest」も写真共有サービスの1つだ。気になる写真を取り込み、ボードに貼り付けていくことで、自分好みのアルバムを簡単に作れるのが売りである。

発展途上のサービスだが、ネット企業が見込み客にアプローチする手段にはなり得る。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2014年 1月14日 公開]

お役立ち情報満載!「資料ダウンロードまとめサイト」のご案内