PKI

読み方 : ぴーけーあい

英語正式表記 : Public Key Infrastructure

PKIとは

Public Key Infrastructureの略。「公開鍵暗号基盤」と訳す。データの暗号化や改ざん防止、利用者の本人認証といった、ネットワーク経由の情報交換におけるセキュリティの確保に必要な機能、特にその中核となる電子証明書の発行機能を提供する仕組みである。

PKIはその名の通り、公開鍵暗号方式という技術を利用する。公開鍵暗号方式では、「公開鍵」と「秘密鍵」という2種類の鍵をセットで用いる。公開鍵は一般に公開し、秘密鍵はその鍵の持ち主だけが持つ。

二つの鍵の間には、公開鍵で暗号化したデータは対になる秘密鍵でしか復号化できず、秘密鍵で暗号化したデータは対になる公開鍵でしか復号化できない、という関係がある。この特徴を利用して「データの秘匿」「本人認証」「改ざん防止」の機能を実現する。

これらの仕組みが正しく機能する前提として、公開されている公開鍵が間違いなく当人のものであることが保証されている必要がある。「認証局」と呼ばれる第三者機関またはシステムが、公開鍵が所有者のものであることを証明する電子的な証明書を発行する仕組みがPKIである。証明書には、所有者を証明する情報と公開鍵が含まれ、改ざん防止のためのデジタル署名がされている。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年 1月 1日 公開]

課題解決に役立つ資料集「ITライブラリー」

じっくり検討いただけるよう、多種多様なおすすめ資料を取り揃えています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介