PLM

読み方 : ぴーえるえむ

英語正式表記 : Product Lifecycle Management

PLMとは

Product Lifecycle Management(プロダクト・ライフサイクル・マネジメント)の略。設計図や部品表といった製品データを、企画段階から設計、生産、保守、生産中止に至る全行程で共有し、製品開発力の強化や設計作業の効率化、在庫削減を目指す取り組みのこと。モノづくりの体制強化を図るため、PLMに注目する製造業が増えている。

ほとんどの製品は、顧客のニーズに応じて、出荷開始後も様々な仕様変更が施される。この作業は、製品の生産が打ち切られるまで続く。PLMの考え方を導入すれば、ニーズの収集から仕様変更に至る一連の過程を、生産コストやサポートコストなどを含めて、包括的に管理できる。生産中止になった製品に寄せられた情報を次の製品開発に生かすことも可能になる。その結果、開発効率が高まり、製品の市場投入スピードも増す。

PLMと似た用語にPDM(プロダクト・データ・マネジメント)がある。PLMはPDMを進化させた概念であり、PDMがPLMを実現するためのベースとなる。PDMは、設計対象となる製品ごとにCADデータや文書データをきちんと管理することを目的としている。これに対してPLMが目指すのは、製品のライフサイクルにわたる業務を包括的に管理することである。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年 1月 1日 公開]

課題解決に役立つ資料集「ITライブラリー」

じっくり検討いただけるよう、多種多様なおすすめ資料を取りそろえています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介