プラグ・アンド・プレイ

読み方 : ぷらぐあんどぷれい

プラグ・アンド・プレイとは

パソコンに周辺機器や拡張カードを接続するだけで、すぐに使えるようにする自動設定機能。パソコンの導入や周辺機器の追加時に不可欠だった設定作業をなくすことで、使い勝手を向上することが狙い。米マイクロソフト、米インテル、米コンパック・コンピュータ(現、米ヒューレット・パッカード)が中心になってプラグ・アンド・プレイの規格を検討。Windows95で全面的に採用された。現在、ほとんどのパソコン本体と周辺機器がプラグ・アンド・プレイに対応しており、マイクロソフトが企業向けパソコンの標準OSとしている、Windows XP/Vistaもプラグ・アンド・プレイを採用している。

プラグ・アンド・プレイの実現にはパソコン本体とOS、接続機器のすべてが規格に対応する必要がある。パソコン本体がボードの抜き差しを検知すると、OSにそれを伝える。OSはメモリー領域や割り込み番号などが他のボードと干渉しないようパソコン本体に指示したり、必要なドライバソフトを導入したりする。

プラグ・アンド・プレイが実現する前は、新たに接続する機器とパソコン本体の間でデータをやり取りするためのメモリー領域や割り込み番号などをいちいち設定する必要があった。複数のボードを使用する場合は設定が複雑で、初心者では機能拡張が難しかった。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年 1月 1日 公開]

課題解決に役立つ資料集「ITライブラリー」

じっくり検討いただけるよう、多種多様なおすすめ資料を取りそろえています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介