Plus codes

読み方 : ぷらすこーず

英語正式表記 : Plus codes

Plus codesとは

地球上のあらゆる場所を、短い文字列で指定できるコード。緯度、経度情報を基に作成するので、山中や海洋上、砂漠など、人が住んでいないため一般的な住所がない地域でも、ピンポイントで位置を指定できる。

「Plus codes」は、6~10個の文字で地球上のあらゆる場所を指定できるコード方式だ。米グーグルが提供しており、Open Location Code(OLC)とも呼ぶ。

例えば日経BP社の本社住所「東京都港区虎ノ門4丁目3番12号」を、Plus codesで表記すると「8Q7XMP7V+H9」となる。Googleマップの検索フィールドにこの文字列を入力すると、コードで指定した場所の地図を表示する。先頭の4文字は「エリアコード」と呼ばれ、地球上の特定の約100km四方の場所を指している。続く6文字(+は文字数として数えない)は「ローカルコード」と呼ばれ、エリアコード内から特定の約14m四方の場所を指している。エリアコードの指定は柔軟で、同じエリアコード内の住所を検索する場合は省略できる。また「MP7V+H9,東京都港区」のように一部を地名で入力しても利用できる。

住所のPlus codesは解説サイトに住所を入力すると分かるほか、Googleマップのスマートフォンアプリでも調べられる。アプリの地図画面上で調べたい位置を長押しし、「指定した地点」としてピン留めする。画面下に表示される詳細情報画面を下にスクロールすると、指定地点のPlus codesを確認できる。

出典:(C)日経BP社/2010年発行「情報システムハンドブック(日経コンピュータ編)」、ITpro(2010年~2018年2月)、日経xTECH(2018年2月~2018年6月)

[2018年 5月22日 公開]

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介