PoE

読み方 : ぴーおーいー

英語正式表記 : Power over Ethernet

PoEとは

Power over Ethernetの略。Ethernetの「LANケーブル(UTPケーブル)」を利用して電力を供給する標準規格をいう。

電源を確保しにくい場所でも無線LANアクセスポイントやIP電話を設置できる利点がある。この技術を使うことで、LANケーブル1本あれば電力供給を受けることができるようになり、省線化、コンセントの追加などのコストの削減ができる。

PoEは2003年6月に「IEEE802.3af」として標準化された。その利用範囲は広く、電力の供給が難しい場所でのIP電話、Webカメラ、スイッチングハブ、無線LANアクセスポイントなどがあげられる。

現在のPoEの規格は、2003年に標準化された「IEEE 802.3af」の後、2009年に登場した「IEEE 802.3at」である。消費電力の大きい機器を想定し、1ポート当たり30Wと大きな電力が供給可能になったことから、拡張規格「PoE plus」とも呼ばれている。

制作協力:株式会社インプレス

[2018年 8月20日 公開]

ビジネスシーンのカタカナ用語を新しい解釈でご紹介

「エビデンス」「ステークホルダー」「ブルー・オーシャン」って何?ビジネスシーンでよく耳にするカタカナ語をイラスト付きで解説。正しい意味や使い方をはじめ、「こんな使い方もできるかも?」「こんな風に使ってみては?」という新解釈をご紹介しています。

ページID:00152309