ポータルサイト

読み方 : ぽーたるさいと

ポータルサイトとは

ポータル(Portal)とは、「入口」「玄関」の表す言葉。ポータルサイトを直訳すれば、「入口となるホームページ」となる。つまり、「インターネットを使ってホームページを見るとき、最初に表示されるWebサイトのことを指す。日本では「Yahoo! JAPAN」「Google」「MS」「楽天Infoseek」などがその代表格といえる。

1990年代後半にインターネットが一般に普及する際に、インターネット利用を補助するサービスとして広まった。検索サービスを提供するWebサイトがジャンルごとにリンクをまとめたのが始まりといわれている。

人気のあるポータルサイトは、1日に何十万回もアクセスされるため、入口としての役目のほか、広告掲載の場にもなっている。ポータルサイトの運営は、バナー広告や電子商取引の仲介サービスで得られる収入でまかなわれている。訪れる人が多いほど、ポータルサイトの収益も上がるため、ポータルサイトは利用者を獲得すべく、さまざまな便利な機能を提供するようになった。天気予報、翻訳、辞書、経路探索などのコンテンツが追加され、現在ではインターネットの総合サービスのような形態をとっている。これらのサービスの多くは利用登録などをせずに無料で利用できるが、一部の特別なサービスを使用するために会員登録や料金の支払いが必要な場合もある。

制作協力:株式会社インプレス

[2018年 8月20日 公開]

ビジネスシーンのカタカナ用語を新しい解釈でご紹介

「エビデンス」「ステークホルダー」「ブルー・オーシャン」って何?ビジネスシーンでよく耳にするカタカナ語をイラスト付きで解説。正しい意味や使い方をはじめ、「こんな使い方もできるかも?」「こんな風に使ってみては?」という新解釈をご紹介しています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介