PPP

読み方 : ぴーぴーぴー

英語正式表記 : Point-to-Point Protocol

PPPとは

Point-to-Point Protocolの略。電話回線などの通信回線上で、TCP/IPといった各種プロトコルを伝送するための標準仕様のこと。ルーター同士を回線経由で1対1接続する時や、モデムを使ってパソコンをインターネットに接続する時に使用する。

一般にルーターなどのメーカーは、各社独自の回線接続用プロトコルを採用している。このため異なるメーカーの製品が混在する場合、その相互接続性は保証されなかった。PPPはこの問題を解決する。インターネットの標準化組織IETF(Internet Engineering Task Force)が仕様をまとめた。現在はルーターやパソコン用TCP/IPソフトのほとんどがPPPを実装している。OSI(開放型システム間相互接続)モデルでいえば、TCPやIPより下位の第2層(データリンク層)のプロトコルにほぼ相当する。

PPPはNetWareなどTCP/IP以外のプロトコルにも対応するほか、伝送エラーの検出、アドレス情報の交換、接続相手の確認といった高度な機能を備える。PPPと似たような役割を果たす標準プロトコルに、TCP/IP接続専用のSLIP(Serial Line Internet Protocol)がある。また、PPPoE(PPP over Ethernet)は、イーサネット上でPPPのデータをやり取りしたり接続状態を管理するためのプロトコルである。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年 1月 1日 公開]

お役立ち情報満載!「資料ダウンロードまとめサイト」のご案内