プロトタイピング

読み方 : ぷろとたいぴんぐ

プロトタイピングとは

ソフトウエア開発において、いったんシステムの試作モデル(プロトタイプ)を作り、利用者が機能や操作性を確認して、その評価を本番システムに反映する開発手法。開発途中で処理内容や使い勝手を確かめたり修正したりできるため、利用者が望むシステムとのズレを早期に発見できる。プロトタイプの作成は1回で終わらず、複数回作り直してシステムの完成度を高めることが多い。

プロトタイピング手法を採用する開発事例は年々増えている。開発期間の短縮が要求されている上に、Windowsに代表されるグラフィカル・ユーザー・インタフェース(GUI)画面が標準的になり、これらGUIの画面設計を中心にシステムを組み上げるビジュアル開発ツールが充実してきたことが理由である。

これに対して、一般的に使われているウォーターフォール型の開発手法は、要件定義、基本設計、詳細設計、プログラミング、テストの順に作業を進めていく。要件定義など前工程の段階ではシステムの実際のイメージを利用者がつかみにくく、後工程のテスト段階に入って根本的な不具合が発見されることがある。この場合、要件定義や設計段階までさかのぼって開発をやり直さねばならず、開発作業が大幅に遅れる可能性がある。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年 1月 1日 公開]

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介