プロバイダ

読み方 : ぷろばいだ

プロバイダとは

元々は供給者という意味だが、最近は商用のインターネット接続サービスを提供する事業者を指すことが多い。正式にはインターネット・サービス・プロバイダ(ISP)だが、一般にはインターネットプロバイダ、または単にプロバイダと呼ばれる。電話回線や光ファイバ回線などを通じてインターネット接続サービスを提供する。

各プロバイダは自社のネットワークをインターネットの基幹部分(バックボーン)に専用線などで接続している。この中で海外のネットワークや、プロバイダのネットワーク同士を結ぶインターネット相互接続点(IX)と直接接続している事業者を「1次プロバイダ」と呼び、1次プロバイダに接続している事業者を「2次プロバイダ」と呼ぶ。ほかに、様々な情報提供を行うインフォメーションプロバイダ(IP)や、コンテンツを作成するコンテンツプロバイダもプロバイダの一種である。また、システムインテグレーションなどによって企業向けに情報システムの構築を手がける事業者をシステムプロバイダと呼ぶことがある。アプリケーションの機能をインターネット経由で提供する事業者をアプリケーション・サービス・プロバイダ(ASP)と呼ぶが、最近はSaaS事業者と呼ぶ例が増えている。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年 1月 1日 公開]