プロキシサーバー

読み方 : ぷろきしさーばー

英語正式表記 : Proxy Server

プロキシサーバーとは

プロキシ(Proxy)は英語で「代理」の意味。インターネットに直接接続できないコンピューターに代わり、インターネットに接続し、Webサイトへのアクセスなどを行うサーバーのことを指す。

ネットワーク内におけるインターネットの出入り口をプロキシサーバー経由に限定することで、外部からの不正アクセスを防止したり、業務と関係のないWebサイトへのアクセスを禁止したりすることができる。また、データを蓄えるキャッシュ機能があるため、別のコンピューターから同じ要求が来ても、素早くデータを返すことが可能。つまり、社員全員が特定サイトを閲覧するような場合でも、誰かが一度アクセスするだけで済むため、時間の短縮化が図れる。

現在では、アクセス元のコンピューターの身元を隠すためにプロキシサーバーを使うケースもある。プロキシサーバーを介してアクセスすると、接続先のサーバーに残るのはプロキシサーバーのIPアドレスだけなので、個人のIPアドレスは知られずに済む。とはいえ、プロキシサーバーにはアクセス履歴が残るため、匿名性が完全に保たれるわけではない。

普段は意識することのないプロキシサーバーではあるが、機密情報や個人情報の漏えいが許されない企業では、その存在価値は大きいといえる。

制作協力:株式会社インプレス

[2018年 8月20日 公開]

ビジネスシーンのカタカナ用語を新しい解釈でご紹介

「エビデンス」「ステークホルダー」「ブルー・オーシャン」って何?ビジネスシーンでよく耳にするカタカナ語をイラスト付きで解説。正しい意味や使い方をはじめ、「こんな使い方もできるかも?」「こんな風に使ってみては?」という新解釈をご紹介しています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介