プロキシサーバー

読み方 : ぷろきしさーばー

英語正式表記 : Proxy Server

プロキシサーバーとは

プロキシサーバーは、パソコンのWebブラウザーからWebサーバーへのアクセスを中継するサーバーで、社内のセキュリティや通信効率を高めるために使う。プロキシ(proxy)は「代理」などの意味を持つ英語である。その意味通り、Webブラウザーから外部のWebサーバーへのアクセスを代行する。社内LANなど、アクセス元のパソコンと同じネットワークに置き、パソコンを外部の脅威から守る役割を担う。

さらにプロキシサーバーの種類によっては、転送するコンテンツにウイルススキャンをする機能がある。こうした機能の併用で、Webアクセスのセキュリティをより高められる。

業務に関係ないWebアクセスを制限するために使うこともある。例えば、Webブラウザーのアクセス先が企業のセキュリティポリシーに反しているWebサーバーの場合、それを閲覧できないように「Webフィルタリング」を実施する。またWebサーバーへのアクセスログを取ることも、プロキシサーバーの役割の一つ。情報流出やウイルス感染といった問題が起こったとき、アクセスログを確認して原因を追求できる。

プロキシサーバーは、キャッシュサーバーを兼ねることもある。キャッシュサーバーとしても使う場合は、Webサーバーから取得したコンテンツをWebブラウザーに転送するとともに、自身に蓄積する。その後でほかのWebブラウザーから同じWebページの取得要求を受け取ると、キャッシュしたものをそのWebブラウザーに送って、通信効率を高める。

逆の役割のプロキシサーバーもある。「リバースプロキシ」と呼ぶサーバーだ。リバースプロキシはWebサーバーと同じネットワークに置かれる。「Webサーバーが、外部からの脅威にさらされないようにする」などの目的で使われる。外部のネットワークにあるWebブラウザーからのアクセスを受け、Webサーバーからコンテンツを取得して送り返す。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2013年 4月22日 公開]

課題解決に役立つ資料集「ITライブラリー」

じっくり検討いただけるよう、多種多様なおすすめ資料を取り揃えています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介