PSTNのマイグレーション

読み方 : ぴーえすてぃーえぬのまいぐれーしょん

英語正式表記 : PSTN migration

PSTNのマイグレーションとは

「PSTN」は、Public Switched Telephone Networkの略。マイグレーション(Migration)は「移住」「移行」の意味。IT分野では、新しいプラットフォームへの移行を指す。

「PSTN(一般加入電話サービスなどを提供するための電話網)」から「IP電話」への移行は、NTT東日本/西日本(NTT東西)が2010年11月2日に発表したマイグレーション計画である。

ユーザー宅内にある電話機につながる銅線は、宅内の配線や電柱などのアクセスネットワークを経てNTT東西の局舎に収容される。PSTNは局舎よりもバックボーン側にある交換機などをつないだコアネットワークであり、ルーターでつないだインターネットとは別物である。

NTT東西は2020~2025年をめどにPSTNをIPネットワークに移行する方針で、今後はISDNサービスのINSネット、コレクトコールなどを終了するが、音声サービス、公衆電話、110(警察)/119(消防)など基本的なサービスは、PSTN廃止後も、IPネットワーク上で継続していく予定になっている。

制作協力:株式会社インプレス

[2018年 8月20日 公開]

ビジネスシーンのカタカナ用語を新しい解釈でご紹介

「エビデンス」「ステークホルダー」「ブルー・オーシャン」って何?ビジネスシーンでよく耳にするカタカナ語をイラスト付きで解説。正しい意味や使い方をはじめ、「こんな使い方もできるかも?」「こんな風に使ってみては?」という新解釈をご紹介しています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介