PWA

読み方 : ぴーだぶりゅーえー

英語正式表記 : Progressive Web Apps

PWA

「Progressive Web Apps」の頭文字を取った略称。2015年にGoogleからリリースされ、Webサイトをモバイル端末でネイティブアプリのように動作させる仕組みのこと。Webサイトとネイティブアプリの両方の良さを兼ね備えている。ネイティブアプリとは、AndroidやiOSなどOS上で直接動作するアプリのことをいう。PWAを導入しているWebサイトには「Twitter Lite」「日経電子版」「SUUMO」「タウンワーク」などがある。

PWAを実装すると、モバイル端末のホーム画面にアイコンが追加され、ユーザーにプッシュ通知で配信できるようになる。また、GPS機能を利用できるため、ユーザーの位置情報に応じたコンテンツの提供も可能になる。さらには、キャッシュ機能により、オフラインでもWebサイトを閲覧できるなど、さまざまなメリットがあり、UX向上やユーザーエンゲージメントの改善につながるともいわれている。

一方、アプリストアに登録されていないと新規ユーザーに接触できない、既存のアプリがあると管理の手間がかかるといったデメリットも指摘されている。

制作協力:株式会社インプレス

[2020年 1月20日 公開]

ビジネスに役立つ多彩なコースを全て無料でご利用いただけます。

ビジネスマナーやセキュリティ、働き方改革のヒントなど多彩なコースをご用意しています。
全10コース50種のレッスンをご提供中。

ページID:00173575

ナビゲーションメニュー