検疫ネットワーク

読み方 : けんえきねっとわーく

検疫ネットワークとは

社内ネットワークに接続するパソコンを検査するセキュリティツールのこと。2003年に発生した「Blatser」など、ワームの脅威を教訓にした対策の1つ。OSパッチやウイルス対策ソフトの定義ファイルが最新でないなど、十分なセキュリティ対策が取られていないパソコンを、社内ネットワークに直接接続させずに隔離するものである。

オフィス内でもノートパソコンやタブレット端末の利用が普及している。これらの端末を、自宅や顧客先、ホットスポットなどで利用すると、ウイルスに感染する危険性がある。それを水際で食い止めるために開発されたもので、空港などで行われる荷物の「検疫」に似ていることから名付けられた。

検疫ネットワークには以下のようなメリットがある。
(1)不正ソフトウェア(Winnyなど)のインストールやパッチ未適用など、セキュリティポリシーに違反したパソコンを隔離することで、情報漏えいを未然に防止できる
(2)社内ネットワークに危険を与える可能性のあるウイルスに感染したパソコンを排除できる
(3)検疫サーバーで端末のセキュリティポリシーを集中管理することで、運用コストが低減できる

制作協力:株式会社インプレス

[2018年 8月20日 公開]

ビジネスシーンのカタカナ用語を新しい解釈でご紹介

「エビデンス」「ステークホルダー」「ブルー・オーシャン」って何?ビジネスシーンでよく耳にするカタカナ語をイラスト付きで解説。正しい意味や使い方をはじめ、「こんな使い方もできるかも?」「こんな風に使ってみては?」という新解釈をご紹介しています。

ページID:00152338