RAD

読み方 : らっど

英語正式表記 : Rapid Application Development

RADとは

Rapid Application Developmentの略。高速アプリケーション開発などと訳す。情報システムの仕様分析、設計、開発からテストに至る全工程を、エンドユーザーを含む少人数の開発者からなるチームで一貫して担当し、開発期間を短縮する手法。

RADによる開発では一般に、スパイラルアプローチと呼ぶ方法を採用する。まず、プロトタイプと呼ばれる、大まかではあるものの実際に稼働するプログラムを作成する。それをエンドユーザーに見せて仕様を確認しながら、設計・開発・テストというサイクルを繰り返して完成品に近づけていく。無制限に設計・開発・テストのサイクルを繰り返さないように、「タイムボックス」と呼ぶ一定の開発期間をあらかじめ設定しておく。一定の期間が来たら、次の工程に強制的に移る。

プロトタイプを作成する際には、ユーザーの要求を迅速にシステムに反映させるため、CASEツールやビジュアルプログラミング言語を用いる。以前は、コンパイル型言語はRADに向かないと言われていたが、現在はそのようなことはない。RADのスパイラルアプローチに対し、工程をいくつかの段階に分け、前の段階を完了してから次の段階に進む開発手法をウォータフォールモデルと呼ぶ。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年 1月 1日 公開]

課題解決に役立つ資料集「ITライブラリー」

じっくり検討いただけるよう、多種多様なおすすめ資料を取りそろえています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介