RAWデータ

読み方 : ろうでーた

RAWデータとは

RAWとは、「生」「未加工」の意味。デジタルカメラで撮影された画像の記録形式の1つ。カメラ内部での現像処理が行われていない非圧縮または低い圧縮率の画像データのことを指す。

デジタルカメラで撮影すると、レンズから入った光を、「撮像素子CCD(Charge Coupled Device)」や「CMOS(Complementary MOS)」と呼ばれるイメージセンサーに写し、デジタルデータに変換する。この変換したデジタルデータがRAWデータだ。通常、RAWデータはデジタルカメラ内でJPEGという記録形式に変換して保存されるが、高性能デジタルカメラは、JPEG形式に変更する前のRAWデータを保存できる。

RAWデータは光の強さの情報なので、そのままでは映像として見ることはできない。パソコンに取り込み、RAW現象ソフトを使用して映像化し、画像ファイルに変換する。パソコンで画像ファイルに変換する手間があるが、デジタルカメラ内よりパソコンを使用して映像に変換する方が、高品位な写真を生成することが可能だ。

制作協力:株式会社インプレス

[2018年 8月20日 公開]

ビジネスに役立つ多彩なコースを全て無料でご利用いただけます。

ビジネスマナーやセキュリティ、働き方改革のヒントなど多彩なコースをご用意しています。

ページID:00152395

ナビゲーションメニュー