リホスト

読み方 : りほすと

リホストとは

基幹系システムが稼働するメインフレームをオープンシステムへ移行する方法の一つ。COBOLなどで開発された既存アプリケーションはそのままの状態で、ハードウエアプラットフォームを替えること。具体的にはメインフレームで動く様々なプログラムを、UNIXサーバーやWindows搭載サーバーで仮想的に動くようにすることである。

メインフレームを撤廃する方式としては「リホスト」のほかに、「リライト」と「リビルド」がある。リライトとは、既存アプリケーションのアルゴリズムを流用しながら、C言語やJavaなどオープン系のプログラミング言語で「書き直す」ことである。異なる言語を使ってプログラムを組むことになるため、プログラムをそのまま流用するリホストに比べて、その作業やコストの負担は大きくなる。

リビルドは文字通り「再構築する」ことである。リホストやリライトと異なり、既存アプリケーションとそのアルゴリズムを流用せず、一からシステムを作り直す作業のこと。

そのためリビルドでは、同時にビジネスロジックを抜本的に見直すケースが多くなる。業務改革を伴うため、リホストとリライトに比べ、プロジェクトの規模が大きくなり、手間もコストもかかる。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年 1月 1日 公開]

お役立ち情報満載!「資料ダウンロードまとめサイト」のご案内