レピュテーション

読み方 : れぴゅてーしょん

レピュテーションとは

レピュテーション(Reputation)とは「評判」の意味。無差別に送付されるスパムメールや、ウイルス付きメールなどを排除する手法のこと。送信元のメールサーバーが配信したメール内容や配信数の共通点を見つけ、サーバーを評価し、スパムメールを防ぐ。従来のセキュリティソフトなどではスパムメールやウイルスをブロックすることが難しくなってきたために普及した。

例えば、従来のセキュリティソフトは、メールを拒否するブラックリストとメールを受け取るホワイトリストをメールサーバーに登録することで、スパムメールを排除するが、登録したリストは一度設定すると自動的に追加や削除されず、人手で更新するため運用負荷が大きい。

一方、レピュテーションはメールサーバーが自動的に情報を収集し、リストを作るため、運用負荷が軽く、人手に比べてエラーが少ない。ただし、特定のメールサーバーから正規のメールだけを配信し、評価が上がってからスパムメールを配信することで、レピュテーションをすり抜けるリスクもあるので注意が必要だ。

制作協力:株式会社インプレス

[2018年 9月 3日 公開]

ビジネスシーンのカタカナ用語を新しい解釈でご紹介

「エビデンス」「ステークホルダー」「ブルー・オーシャン」って何?ビジネスシーンでよく耳にするカタカナ語をイラスト付きで解説。正しい意味や使い方をはじめ、「こんな使い方もできるかも?」「こんな風に使ってみては?」という新解釈をご紹介しています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介